ベジタブルな尻

ポケモンとドラゴンボールについて色々

ドラゴンボールすーぱー感想!

ドラゴンボール超終わりましたね。いやー長かった。まさかこの時代にドラゴンボールの新作アニメをリアタイで毎週観れるなんて思いませんでした。ほんと、ほんと、ホント…クソつまんなかった!


先に行っておきますと、私は再放送で無印ZGTは一通り観てます。そのうえで、ドラゴンボール超とは何だったのか書いていきますね。
ドラゴンボール超って何だったのかと言うとPS2のゲームから始まり今も続いてるリバイバルブーム中に更に儲けようとした作品だと思うんですね。厳密には「神と神」の大ヒットを受けて企画されたものなんじゃないかなとは予想してたりするけど。とにかく、狙い通りドラゴンボールのブランド力は凄まじく、ヒーローズやドッカンバトルといったゲーム事業や関連グッズへの売上にもかなり貢献してると思います。

これだけ聞くと超に悪いとこはないようにも見えますが売上と内容は別ですしね。超は、内容がクソアンドクソでした。その内容の根幹は原作者が考えてるっていうから驚きですよ。

んで、今日最終回でした。観てきました。以前Twitterに「悟空とジレンは道連れで脱落し、最後に17号が残る」って予想を載せてたんですが、大体あってましたね。そして、最後まで未来トランクスは報われず放置。ベジータは自分の弟子に夢中で自分の息子の事などどうでも良いって感じが観てて苦痛でした。何が第六宇宙生き返らせたる!だよ。先に未来トランクスの世界をどうにかしてやれよ…あ、作画はかなり良かったですね、演出も確か演出助手の人がやってたからすごく良かったです。ただ、シナリオがね…力の大会だけに絞っても、ジレンがドンドン小物になっていくのはビビりましたね。やってることも昔の劇場版の悪役みたいなことで、小物感がドンドン増していきました。辛い過去とやらも未来トランクスと比べたら…って散々ネット上で突っ込まれてました。

ラストの展開は悟空が初めて共闘した17号とフリーザを残したんでしょうけど、だからなんだってお話で。「神と神」でも悟空は仲間の力を借りて強くなりましたが、独りで強くなってきたジレンとの対比でもさせたかったんでしょうか。…考えるだけ無駄なんだよね、はっきり言って、素直に言うとアホくさい。

全王さまの存在も謎でした。ラストもそこまで考えてるなら自分で口に出してくれよ。そこで大神官が代弁したら全王さまはずっとただ最強なだけなクソガキじゃねーか…なんか、独裁者という言葉が似合う気がしますね。

単純なつまらなさで言えばGTもそれなりに酷いと思ってますが、あちらは最悪無視できるんです。ただ、超はブウ編と原作最終回の間の話なんで、どうしようもないんじゃ。泣きたい。

あと悟空を始めとしたキャラ崩壊や、BPOに89話が取り上げられたこととか、1時間SPの時の視聴率がおさるのジョージに負けてたとか、とある脚本家Y.Tについてとか色々言いたいことはあるんですけど、先程述べた通りアホくさいんでもうやめます。今度の劇場版は100をMAXとして期待値23ぐらいです。4月からのゲゲゲの鬼太郎を楽しみにしときます。2年と約8ヶ月間、お疲れ様でした。